管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養:食や健康・栄養学」「グルメ:美味しいもの巡り」「TV:ドラマや映画」「Art:アートやデザイン」

泣きじゃくる子供達☆今日は鬼さんが来た

今日はお誕生日給食と節分DAYということで、子供達と豆まきをしました^ - ^

f:id:kanrieiyousi:20190201221727j:plain

本格的な鬼の仮面に子供達は大泣きでしたが、帰り際に「鬼わぁ外ぉ福わぁうち」と言いながらお父さんお母さんと帰る子供達を見ると、怖かったけど楽しかったんだろうなと一安心しました。

 

今年も1年。福をよびこむような笑顔あふれる1年になってくれると嬉しいですね^ - ^ 先生方も鬼の変装やら豆まき作りなど色々お疲れ様でした☆子供達にとっても記憶に残る1日になったと思います。本当にお疲れ様でした!

 

ちなみに、豆まきの豆は新聞紙を小さく丸めたものを作成したらしく、鬼のお面は絵の具や画用紙で表情豊かな鬼さんを作っていました。子供達1人1人の個性があふれていて見ていて可愛らしいものばかりでした^-^

 

鬼さんライス作り☆

f:id:kanrieiyousi:20190201221746j:plain

今日はお誕生日給食&節分豆まきの日の行事給食として、鬼の顔をした「鬼さんカレーライス」を作りました☆豆まきで怖い思いをした子供達の為にも可愛らしく優しい仕上がりになるようにがんばりました 笑

 

顔はご飯。髪の毛をカレールー。ツノを人参。目を海苔。口をケチャップで仕上げてみました。人数もそんなに多くないので楽しみながら盛り付けをする余裕もあり作りやすく食べやすい献立だったと思います☆こうしてザーッと並べてみると可愛らしいですよね^ - ^ 「今流行りのインスタ映えだ」なんていいながらパシャパシャ撮影会をした後、しっかりと仕事しました!笑  

 

みんなお疲れ様でした!!

登園で作るカレールーは、市販のルーを使用する事なく、また小麦アレルギーの園児もいるので小麦の代わりに米粉を使用してトロミをつけています。米粉と油を加熱して色づけをしてカレールーを作る方法もありますが、そのやり方だと人がとられてしまうので、ケチャップやウスターソースでカレーの色合いと味に近づけ、少しスパイスをきかせたカレー粉を入れるスタイルでカレーを仕上げていきます☆

 

「今日のカレー誰が作ったの??」なんて事を言ってくれるくらい子供達にはカレーが大人気🍛!「今日のカレーは〇〇先生が作ったんだよ!美味しかった??」と返してみると。「え、すごい!天才だね先生!」なんて煽ててくれます 笑  大人に気をつかうこともできてしまうこの子達はいったい、将来どんな大人になるんだろうと楽しみですね 。

 

私達の仕事は「何かを生み出すことが出来る」素晴らしい仕事

私達って、野菜やお肉や調味料を作って「人が生きるために必要なエネルギー源を作り出すことができる」人たちなんです。しかも、ただ作っているだけでなく、その給食には子供の身体の成長に必要な「タンパク質」や「脂質」や「炭水化物」などがバランスよく入っています。他にも、骨や歯を作るもとになる「カルシウム」や体の調子を整える「ビタミンやミネラル」、「鉄やビタミンA」などの栄養バランスも考えて作られているんです。

日本だと当たり前に出てくる栄養バランスの良い給食ですが、海外ではこうしたバランスの良い給食は出てきません。どれだけ恵まれた世界にいるのか気づけている方はいますでしょうか☆

 

ただ、食べているだけでも健やかに成長ができる。そんな食べ物が身近にあるってすごい事だと思いませんか??ただの一般人が10kgも20kgもする食材を時間内で調理して提供するって無理だと思うんです。だから、私達は「何かを作り出せる職人としてもっと胸を張って仕事をしても良いのかな」って思うようになりました。

調理の現場って、調理に携わっていない栄養士からすると重いし、汚れるし、疲れるから嫌だと思うかもしれませんが、しっかりとした知識や技術がないと作れないものも沢山あります。

私達の仕事って将来AIにとられてしまうんですかね?」なんて事を後輩ちゃんに言われたことがありますが、正直、知能面で特価してるAIに奪われる仕事って栄養指導とかそう言ったものになると思うのです。逆にいうと病院などの調理師さんのような一人一人の病態に適した食事を作り提供する仕事ってAIには変わらない貴重な仕事だったりするんだろうなと思います。

知識や学びはAIに負けてしまうかもしれないけれど、体で覚えたスキルというのはそう簡単に奪われないと思うなあ~なんていうことを話しながら仕事をしていました 笑

将来的に、AIが仕事を代わってくれるならそれに越したことはないので、その分私達は私達に出来る事をやるまでだと思います。時代の変化にも対応できる管理栄養士として広い視野で物事を見るようにしていき、栄養士はこの仕事、管理栄養士はこの仕事と白黒でわけるのではなく、たまには栄養士の仕事をしてみて違う視点で仕事をみてみよう☆試みるだけでも自分の視野が広がり世界も澄んで見えるのかななんて事を考えながら、この記事を書いています。

 

栄養士に出来ることって、本当に限られていると思うのですが、私達に出来ることって無限大だと思うのです。「これはこれ」「あれはあれ」と決めつけることなく「これはこうだけどこういう見方もあるね」と言った具合に型にはまることのない自由な発想で物事を見ていけたらもっと働きやすく働きたいと思える環境が出来るのかな?なんてことを考えています。

話がだいぶそれましたが、「私達の仕事って捨てたもんじゃないな」ということでした☆

 

ご静聴ありがとうございました😊

 

はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)

はじめてママ&パパの離乳食 (実用No.1シリーズ)