管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

保育園栄養士☆離乳食研修と最近の報告~

どうも!管理栄養士パプリカンです!

久々の投稿になりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか??今日はどんよりとした天気ですが、久しぶりに気温も低く過ごしやすい1日でもありますね☆朝から買い物をしてきたのでルンルン気分です。

さて、本日は先日参加した「離乳食調理実習について」と「最近の報告」ということで、4月からバタバタとしてきましたが、最近はこんな感じですということを書いていきたいと思います。

 

「離乳食調理実習について」

f:id:kanrieiyousi:20190609141711j:image

先日、区で行われる「保育園の栄養士や調理員向けの離乳食調理研修」というものに参加してきました。というのも、4月から離乳食の調理がスタートしたわけですが、忘れかけているというか、再度自分の園の離乳食の提供は他の園とどのような違いがあるのかなどを再確認するための研修でもありましたので、良い勉強になりました。

実習内容

区の栄養士の方を講師として、6グループに調理台で分かれ、6~7人ほどのグループにリーダーとなる指導栄養士が2名ほどいる中で、その方々の指導のもと、指定された食材や調理法で中期と後期の離乳食調理を行い、最後にグループごとに食べ比べや比較などを行って、意見交換を行うという形でした。調理室はものすごく蒸し暑く、狭い空間に60人ほどの人が集まっていたので、どうなることやらと思いましたが、ベテランの方から色々と教えていただき、意見頂く機会をいただけたのは、とても勉強になりました。

6グループで食べ比べをしてみてみ思ったこと 

f:id:kanrieiyousi:20190609134812j:image

 さすが、栄養士や調理師の方々が集うグループだけあって調理もスムーズで片付けも素早く、仕事がしやすい雰囲気の中で「中期食と後期食」の調理が完成しました。

6グループの見た目の違いは、肉団子の大きさや野菜切り方の大きさが違い、食べ比べると野菜の硬さや肉団子の硬さなどが大きく違う様でした。

 

野菜だしやかつお昆布だしなど、だしの違いや調理法の違いなどもありましたが、同じ食材で同じ調理をしているのに、それぞれで違いがあるということが分かりました。

 

離乳食は違っていて当たり前?

結論から言うと、離乳食の調理は対象となる子供の月齢や咀嚼能力、園の方針などによって様々なため、「子供が食べやすい状態かつ、咀嚼能力を身に着けられる形であれば大丈夫」ということが分かりました。子どもの成長に合わせて、食べ物の大きさや形は違いますし、硬さや柔らかさも月齢に合わせて食べた安く刻んだりつぶしたりという工程を通じて試行錯誤しながら行っていくのが現実ということが分かりました。

いやァ~おもしろいですね☆

 

研修で学んだポイント☆

①高野豆腐は熱湯で戻す。高野豆腐を戻すときは鍋に高野豆腐を入れて、熱湯を注ぎ、鍋蓋をして戻すと、豆腐のように柔らかい高野豆腐ができます。私のグループの先生は、熱湯で2回戻していました。

②食材の大きさは、後期1.5×1.5㎝程、中期は後期の出来上がりをマッシュして細かくする。食材の大きさは大きすぎても、食べにくく、小さすぎると噛まなくなるという理由で1.5×1.5㎝くらいの大きさが良いそうです。ほうれん草に関しては、葉の部分を中期で使用し、茎は大人か後期食で使用するようなイメージです。

③調味料は、ほんの少し。中期に関しては調味料は使用せず、だし汁で薄味に仕上げます。後期食に関しても、しょうゆ0.3gほどで大丈夫です。味が濃いと食べはいいですが、将来のことを考えると子供の時から味が濃いのに慣れてしまうと生活習慣病へのリスクも高まるので、できるだけ調味料は「うすあじの中のうすあじ」を心がけましょうう。

④野菜だしは甘みがあるため、離乳食を美味しくする!!かつお昆布だしを使用することが多いですが、今回は野菜だしを使用したものもあり、野菜だしだと甘みがすごく美味しさが倍増することが分かりました。初期を煮詰めた野菜だし、野菜の茎や皮などの食べられない部分をよく洗ってだしを取るだけでも、美味しい離乳食をつくれます。

と色々と学びの多い一日でした☆

 

最近の報告

4月から新入園児を迎え、バタバタとする日々が続いていましたが、最近は少業務も落ち着き、新しい子供たちも園や先生たちに慣れ日々楽しそうに過ごしています。

調理室では、気温が30度を超えると熱中症に罹るリスクも上がるためスポーツドリンクや保冷剤を使用しながらどうにか乗り越えています☆

この仕事をしていると、夏が一番つらい時期ではありますが、けが事故がないように今後も安全で安心して食べられる食事の提供をこころがけていきたいと思っています☆

 

www.kanrieiyousioutput.com

 

皆さんも熱中症には気を付けてください☆

「喉がかわいたな~」と思ってから水分を取るのでは遅いです!!喉が渇く前に「こまめな水分補給」を心がけましょう!!ご存じかとは思いますが、汗をかくと水分と一緒に「ビタミンやミネラル」も体外へ流れ出てしまうため、水分補給の際には、スポーツドリンクなどを半分に薄めたものを飲むのがお勧めです!※スポーツドリンクをそのままのむと、糖分を取りすぎてしまうため、水で半分にうすめましょう☆