管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

あさご飯を食べられなかった私が、食べられるようになるで

朝ご飯を食べられなかった私が、食べられるようになるまで

幼少期から「食べることより、外で遊びたい!」という気持ちが強かった私は、高校生になるまで朝食をとっていませんでした。おばあちゃんやお母さんが朝食を準備してくれていても「食べたくない・お腹痛くなる」という理由でご飯を食べない。子どもにも食べやすいようにと食パンを準備してくれても、一口しか食べないで学校にいく生活をしていました。

私が朝食を取らなった理由

f:id:kanrieiyousi:20190915225848j:image

私も、私なりに朝食を食べなかった理由があります。その理由は「朝ご飯を食べると通学中にお腹が痛くなる」「学校でトイレに行きたくなる」というのが嫌だったからです。今思えば、朝や早く起きて朝食をとってからトイレに行って、それから通学をすればよかったのですが当時の私にはそれが分かりませんでした。現在では食育活動が活発なので、こうした子供の考え方の改革にも役立てれば良いなという思いもあります。

朝食をとる子供の増加

f:id:kanrieiyousi:20190915225935j:image

最近は朝食の欠食率が騒がれていますが、小学校の実習に行ったときに実施したアンケート調査では、ほぼ100%の子供たちは朝食を食べて学校に来ていました。今は幼少期からの食育が将来の疾病リスクを軽減するとのことで、食育が活発に行われており、保育園や学校でも食が絡むと食育活動を実施する事が主流となりました。そうした流れは親御さんにも伝わり、ほとんどの子が朝食をとっている状況にあります。ただ、朝食の内容?中身はどんなものなのか・・家庭環境が絡むためそこまで踏み込むにはまだまだ難しい状況です。先生方も悩ましい

学校給食が救いだった

f:id:kanrieiyousi:20190915230016j:image

アンケートで「朝食をとる」と回答していても、本当は食パン1枚、ゼリーやヨーグルト1つという家庭も珍しくありません。そのため、学校に通う子ども達取っては、学校給食が救いになることもあります。学校給食で栄養素補給をし、そこから学習意欲にもつなげる。そうした一連の流れが学校にも求められています。給食の時間に食べ物にむさぼりつくような子は「朝ご飯を食べていなかったのかな?」「お母さん忙しいのかな?」と家庭環境にも目を配る子ことができるのが給食の時間でもあります。私も小学生の時は朝ご飯が食べられなかったので、給食の時間はとっても楽しみだったことを覚えています。クジラのお肉だけは残しましたが・・・(笑)

いつから朝食を食べるようになった?

f:id:kanrieiyousi:20190915230151j:image

私が朝食をとるようになったのは、中学生くらいからです。運動部に所属していたので、スポーツ栄養学などの講義で「朝食の大切さ」を学んでいました。「朝ご飯を食べないとな~」分かってはいましたが「やっぱり食べられない」。朝練があるときは6:00には家を出発するので・・そうなると余計に食べられなくなりました。そこで母親が豆乳バナナジュースを毎朝作ってくれるようになり、そこから「バナナジュースの朝食がスタートしました」一歩前進☆

高校生の時の部活の遠征で覚醒!!(笑)

f:id:kanrieiyousi:20190915230101j:image

朝食をがっつり食べられるようになったのは、高校生の時の部活の遠征での出来事です。大会の遠征で毎回ビジネスホテルのようなところにチームで泊まるのですが、そこの朝食がオシャレで美味しくて魅力的で、そこから覚醒しました、いつもは試合前とかはあんまり食べないというより朝食が食べられなかったのですが、この時はあんまり緊張しない試合だったのかカラダもリラックスしていて「もっと色々たべたいな」という気持ちになりました。

沢山食べる友人と一緒のテーブルだった

朝食を食べたときに、一緒にテーブルにいた友人も沢山食べる子だったのかその子に釣られて色々と食べていたら普段の昼食と同じくらいの量の食事をとっていました。次の日の朝食もそれくらい食べると・・その日を境に朝食をとれる体になりました。そのあとからは、「バナナジュース」では物足りず、「目玉焼き丼」「サラダ」も一緒に食べるようになりましたが・朝食を取り始めてから食事の摂取量が増えたため「体重が増加」したので・・・ある程度食べる量を考えることも大切だと分かりました。

 部活引退後は無限の食欲で10kg増量(笑)

こうして朝食をとるようになったのですが。部活を引退後は10kg以上の体重増量と体脂肪率も14%から28%とカラダの変化が大きかったので、少し食べ物を食べる量にも配慮するようになりました。というのも、引退後は食事の制限がなくなったので、その反動と食欲から何をどれだけ食べてもお腹が満たされないカラダになってしまいました。自分では気づかなかったのですが、周りからは「肉団子みたいになったね」なんていわれることもあったので、本当に太ったんだなと思いました。ですが10kg太っても標準体重だったので・・・もともとが痩せすぎだっただけでした。今は健康体重。

最近の朝食はミニヨーグルト

f:id:kanrieiyousi:20190915230338j:image

こうして朝食をとれるようになった私ですが、最近はお腹周りも気になり始めたのと、仕事で「味見」をすることが多いのと、15時のおやつがあることなどを考慮して朝食はBIOのような小さなヨーグルト1つになっています。何も食べないと気持ち悪くなるので、少し食べるという意味で軽くヨーグルトという感じでです。これで体重管理もできているので、今はこれがベストだと思います。

朝食は無理のない範囲で食べる

朝食を食べることは大切だよ☆とよく言われますし自分も子供たちにお話しすることがありますが、食べることは自分でコントロールできることなので、自身の体調に合わせて食べるようにすると良いと思います。無理せず楽しくが食事のモットー 

さいごに・・・

こうして朝食が食べられるようになった私も最初は朝ご飯が苦手でした。大人は別として、成長期の子供はカルシウムやビタミンなど沢山のエネルギーが必要になります。お子さまはできる限り栄養を3食でとれるようにここがけて行きましょう☆大人は自己管理、子供は親の管理☆一人一人に合った食事管理を☆

 

ご購読ありいがとうございました。

 

www.kanrieiyousioutput.com