管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

東京糖尿病療養指導士の研修に行ってまいりました☆各都道府県で糖尿病資格の取得。

東京糖尿病療養指導士の研修に参加してきました。

f:id:kanrieiyousi:20190921214945p:plain

こんにちは、管理栄養士パプリカンです☆今日は先日「東京都で行われている東京糖尿病療養指導士の資格認定のための研修」に参加してきたので、そのご報告です。日本糖尿病療養指導士の他にも、糖尿病に特化した人材を育てるべく各都道府県で行われている勉強制度・認定試験制度があり、今回は東京都の糖尿病療養指導士の認定資格の取得に向けて研修に参加してきました。久々の講義で方がコリコリになりましたが、とっても勉強になりました。

 

糖尿病の患者と予備軍は日本で2000万人以上いる??

改めて講義を受けてみて感じたことは、今後の日本にとって糖尿病治療というのは本当に大切なことなんだということです。なんと糖尿病の患者数と予備軍を合わせると・・・日本に2000万人以上になります。ものすごく多くないですか??糖尿病は自覚症状にも乏しく痛い病気でもないので、患者さん自身もなかなか自身の危険さに気づくことができない病ですが、放っておくと死に至る病ということを改めて認識するべきです。

 

糖尿病の三大合併症

f:id:kanrieiyousi:20190921215026j:plain

糖尿病が悪化すると合併症を引き起こします。その代表3つとして「糖尿病腎症」「糖尿病網膜症」「糖尿病神経障害」というものがあります。そのほかにも、歯周病骨粗しょう症、がん、虫歯、認知症白内障サルコペニアロコモティブシンドロームなど様々な病気を誘発いたします。そうした病気にならないためにも早期発見早期治療がとっても大切だといういことを教えていただきました。

 

透析になる原因第1位が糖尿病腎症によるものです。

f:id:kanrieiyousi:20190921215253j:plain

透析というのは、腎機能が低下し自分で尿の排せつや血液をきれいにすることができなくなった人が医療機関の機械を使って血液をきれいにし生命維持をすることです。透析になる方の多くは、以前糖尿病と診断され、治療がうまくいかなかった・もしくは治療を途中で中断してしまった方などの病が悪化し、腎機能の低下から最終的に腎臓が動かなくなり透析を余儀なくされるという糖尿病腎症が原因の透析導入が増加傾向にあります。透析は500万円以上の医療費がかかるともいわれており、今後も透析患者が増加し続けると大変なことになります。

 

糖尿病腎症から透析になった方の余命は5年ほど

糖尿病腎症が悪化した方が透析になった場合、約5年ほどで死亡するケースが50%を超えます。もっと長生きできる方もいますが、糖尿病は血管を痛める病でもあるので、長年糖尿病の治療を続け血管を痛めてきたことにより、透析導入をしてから5年ほどで半分の方がなくなる運命にもあります。透析になる前に、腎症になる前に、糖尿病になる前に、治療を受けることが最も大切。

 

早期発見・早期治療をした方は血糖コントロールが良好になる

糖尿病を放っておく方も多い中、いち早く病気に気づき、食事療法・運動療法薬物療法をした方は血糖のコントールをするスキルを早くに身に着けることができ、病気を悪化される前からの予防や治療が行えることで糖尿病の合併症につながるリスクもぐっと下がるということが分かっています。「治らない病気だし」「今は忙しくて無理」という方は将来の自分のため、家族のためにも、いち早く病院で診断を受けて医師や糖尿病療養士から的確な指導を受けることをお勧めします。本当に・・・・。

 

糖尿病は治らない病気です

糖尿病は一度なったら治らないと思ってください。糖尿病治療に関しては治すことを目標とするのではなく血糖値のコントロールが目標になります。糖尿病の人に限らず現代の多くの方は血糖値の急上昇急降下が著しく、血管への負担が多い食生活を送っています。今話題のミルクティータピオカも300~500ml飲んだら血糖値がすごいことになりますよね?そうした環境下にある我々は自身の血糖値は自分でコントロールする時代になったのです。ということで、糖尿病治療には「血糖コントロール」が大切です☆

 

血糖値と血圧の正常化への取り組みが尚よい

上記で、糖尿病の治療には血糖値のコントロールが大切だというお話をしましたが、血糖値を高くなりすぎず低くなりすぎずとコントロールすると共に、血圧のコントロールもできるようになるとより良い治療効果が出てきます。結局のところ、高血圧も血管を傷つける原因となりますので、血管への負担をできる限り減らすことで、動脈硬化心筋梗塞脳梗塞などのリスクをグーンと下げることにつながるのです。血圧も血糖値もコントロールできる人って凄いですよね☆そうしたスキルを身に着けることが今後求められる時代に突入しています。1人1人の意識改革がもう少しで始まる。

 

こんな症状のある方は、医療機関で確認!!

f:id:kanrieiyousi:20190921215026j:plain

①足に水虫、水疱、内出血などがあり治りにくい「足の観察が大切」とくに男性。

糖尿病神経障害になると痛みを感じにくくなります。靴擦れをしてもいたくない、足の指先に水膨れやケガがあるが痛くもないという方は、一度医療機関で見てもらってください。

②口喝、多飲、多尿

喉がよく乾く、上半身だけ汗をかく、口が渇く、尿がでる。血糖値が高くなると、血液中の浸透圧を調節するために体が水分を欲しがります。そのため、のどが渇く、多尿になるといった症状もでます。心当たりはありませんか?

③肥満体質、家族(父・母)に糖尿病の人がいる

糖尿病は環境因子(食生活・喫煙・運動・家族歴など)が大きく関与していることから、父や母が肥満で糖尿病だったという方は幼い頃からの生活習慣で糖尿病などを誘発させやすいこともあります。肥満と言われた、血圧が高いという方も糖尿病の症状が出ていないか確認。それ以前に肥満と高血圧は改善させる。

④目がかすむ、見えにくい

糖尿病網膜症という合併症がある通り、目にも細い血管が沢山あるため、血管が傷ついて血液の流れが悪くなると目にも異常が見られます。視力が低下してきた、最近さらに見えにくくなったという方は眼科での検査を推奨します。

 

糖尿病は血管を傷つけ、血流を悪くすることで病気を生む

糖尿病は、乱れた生活習慣によって誘発される2型糖尿病が9割を占めます。乱れた食生活は膵臓を傷つけ、血管を傷つけ、細い血管が痛み出し・・・次第に血流が悪くなり、血液が細胞にいきわたらなくなり、その細胞が死んでいき、そこを切り取る(切断という悲しい結果を生む)。

 

血液がないと人間は生きられない。

血液が流れる血管を傷みつけるのが糖尿病や高血圧です。血液がないと人間の細胞は生きられません。細胞ちゃんたちが元気に生きられるように「沢山の栄養」を「流れの良い血流」に載せて運ばせてあげてください。そうすればきっと、カラダも元気で居続けてくれますので(^-^)

 

さいごに・・・

糖尿病は罹ってからでは後戻りのできない病気です。現在、糖尿病ではない方は、今の食生活を見直して「薄味を心がけて」「野菜を多めにとって」「ご飯も茶碗3杯は食べて」「適度に階段を使って運動をして」といった明日からでもできることで病気を未然に防いでください。すでに糖尿病と診断されてしまった方は、これ以上悪化させないように「かかりつけ医」に相談し、「管理栄養士」からの栄養指導を受けて定期的に通院するようにしてください☆

 

 

私も栄養相談をしているので、心配な方はご相談ください☆

焦らず「行動に移したものが勝つ」行動あるのみです(^-^)

 

ありがとうございました。