管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

睡眠不足で心身がダメになった時の私。生き返った3つの秘訣

 

睡眠不足で心身共にやられた時期

f:id:kanrieiyousi:20191008194604j:plain

病院に勤務しているときのお話しになりますが、私が勤めていた病院は給食が直営だったため、給食の調理から栄養管理の幅広い分野を管理栄養士が担当することがありました。どうして管理栄養士が調理作業を?ということになりますが、要は調理師さんが休暇の時に私たちが代わりに調理を担当するわけです。厨房は本当に汚くて初めて勤務した時は、驚きすぎてピーラーで指を切ったほどでした。色々な意味でショックを受けた私でしたが念願の病院栄養士としてスタートしていきました。

シフト勤務が体に合わなかった

幼少期から規則正しい生活をしてきた私は、飲み会後のオールなども人生で数回くらいしかしたことがありません。というのも不規則な生活だと体への負担が大きくて、心身が持たないことから、そうした無理な飲み会?集まりには参加しない人でした。病院では、栄養管理を中心とすると日勤帯で仕事が出来るのですが私の病院は直営病院だったので、管理栄養士もシフト勤務となり、早番、日勤、遅番の繰り返しでした。

看護師さんって本当にすごいと思います。体壊さんように・・・

週ごとのシフト制ならまだしも・・・

週ごとに出勤時間が異なるシフト勤務ならよかったのですが、上司の頭がおかしかった。というよりは人手不足と勤務形態の複雑さから、早番と遅番を1日おきに行うシフトが続き、60分の間に朝は調理業務と食札チェックに食材の納品をする必要があったため、気が張って夜も眠れず、3時間睡眠を数か月続けていました。睡眠不足が続いた結果、心身共に疲れ果て「頭痛」「吐き気」「めまい」がおそいマンションの階段から転落したこともありました。

もう限界だと思い、仕事を辞めた

カラダも心も疲れ果てた結果、仕事を辞めることを選びました。つらいな、つかれたな、なんて思いながら仕事をする自分も嫌でしたし、このままだと生きている気がしないということで病院とはサヨナラです。次病院に就職するときは、給食会社に委託している、栄養管理のみ行う栄養課への就職をしようとココロに決めています。

心身ダメになってからの生き返り。生き返った3つの秘訣

①まずは仕事を辞めること

まずはストレスの原因となる仕事を辞めることにしました。やっぱり仕事って長いことやるものですから、歳を重ねてもできる仕事をしたいという気持ちがあります。心療内科の先生にも、ストレスとなるものを取り除くのが一番早いというお話を聞きましたが、私はその心療内科の先生を信頼していないので、二度と心療内科というものにはいきません。だって分かっていることを言ってくるんですもん。意味ない。時間の無駄だ。

②しっかり休みこと

仕事を辞めてから1か月くらいは、仕事に就かずふら~と山をお散歩したり、友人に会ったりして気分転換をしていました。気分転換をしながら職探しはしていましたが焦ると碌なことはないので、とりあえず貯金を大切にしながらゆっくり過ごし、精神的にも安定してから職探しを本格的に始めました。心療内科で「うつ病かな?」とか思いながら受診したのですが、私はうつ病にはならないらしく、ただの睡眠障害でした。たしかに「死にたいとか」思わないし「自分は必要ない」とも思いません。むしろもっと仕事してやるという気持ちさえありました。ということで、睡眠障害を治すべく、アロマを使ったり、寝るとき同じDVDを流したり、カラダに寝ることを習慣づけてリラックスできる環境作りに努めました。

③苦しくない運動をする

いままでずーっとスポーツと共に成長してきた私は、やっぱり運動をしないと自分が分からなくなるようです。スポーツジムは苦手なので、近所をジョギングしたり家で筋トレをするくらいですが、カラダを動かすだけで嫌なこととかって本当になくなるんです。本当に騙されたと思って近所を10分くらい走ってみてください。驚くほどスッキリしますよ☆これは本当にオススメ。

心身ダメになってからの生き返り。生き返った3つの秘訣

①まずは仕事を辞めること

②しっかり休みこと

③運動をする

考えるより行動せよ。これが私の合言葉☆

さいごに・・・・

睡眠って本当に大事なんです。脳は起きている間は常に活動しています。その脳が休めるのは睡眠中のわずかな時間です。よく寝不足で目が充血している方などがいますが話していても「この人大丈夫かな?」という状況になります。心配になるので「しっかり寝てくださいね(笑)」という睡眠障害から復帰した私のお話しでした。

 

人生何があるかわからないから面白い。何かあった時は自分の事を最優先に考えましょう。それが生きるためにも大切なことの一つであると思います。

考えすぎずに、周りに流されることなく、自分を大切に生きていきましょう。私はそうして生きていきたい。

 

www.kanrieiyousioutput.com