管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

私が陸上競技を始めた理由。きっかけとなる3つの話

 私が陸上競技を始めた理由。

f:id:kanrieiyousi:20191008202026j:plain

私は、6年間ほど陸上競技をやっていたのですが、全国レベルまでとはいきませんが関東大会などには入賞できるほどのレベルだったので、結構本格的に部活動をしてきました。そのためか中学時代からスポーツ栄養学に携わる機会もあり、高校も健康スポーツに関連する学校で、スポーツと共に成長してきました。ある意味怖いもの知らずなところもあるので、そうした自分の人格形成にも影響を与えた陸上競技についてお話ししていきます。

きっかけとなる3つの出来事

私が陸上競技を始めたのには3つの出来事があります。出来事?きっかけ?陸上競技と出会った私のストーリーを3つにまとめてみました(^-^)

①人より運動神経が良かっただけ

幼少期から時間があれば外で鬼ごっこや木登り、ボール遊びをしていたためか男子にも怠らない運動神経で、体力テストはいつも上位入賞、高校でも30秒間で腹筋45回の速さで自分でも気持ち悪いくらい運動能力が高かったです。小学校のマラソン大会でもいつも上位だったため、中学に入学するころには陸上部の顧問の先生から入部のお誘いを受けそのまま入部。中学では市大会で優勝するなど、自分なりに部活動に励みました。その成績をみてくれていた高校の先生方が高校へも推薦入学させてくれたので、そのまま6年間陸上競技を続けて来れました。(入学試験は実技試験やらいろいろとあり、成果も出せています。)

②ただただスポーツがすき

今思えることは、あんまり深いこと陸上競技について考えていたわけでもなく、ただただ私にはスポーツ・陸上競技しか夢中になれるものがありませんでした。というより、陸上競技をやっている自分しか想像してこなかったので、それをなくしてしまうとやることも夢中になることもなく、私なりの生きがいが陸上競技だったのかもしれません。大学では陸上競技から離れましたが、大学でも部活を続けている友人の応援に行ったり栄養サポートをしたりと陸上競技からは離れない生活が続いており、それも含めて、生活≒陸上だった気がします。

③たまたま入ったのが陸上部だった(笑)

中学性の時にお誘いをいただいたのが、バスケ部だったらバスケに励んでいたかもしれません。バレー部からお話しをもらっていたらバレー部で活躍していたかもしれません。もしかすると、他の運動部に入っていたら、活躍できずに部活を辞めていたかもしれません。そのくらい陸上競技との出会いは偶然なものでした。色々と縁のある陸上競技、部活動を引退してから10kg以上の増量と減量をしましたが、それだけ体は陸上体質だったという事が分かります。今後も機会があればスポーツ栄養学などを通して多くの選手の栄養サポートをしていきたいという願望も捨てずにいます(^-^)

 

陸上競技の面白さ

陸上競技は、年間の試合数が多いのと、個人種目がおおいことから色々な試合に自分が主役として参加できる点が良いのかなと思います。夏には沢山の記録会や大事な大会があり、冬には駅伝大会や長距離走の試合があります。年中自分の記録を更新するために動き続けることができますので、応援にくる保護者も楽しみながら観戦している様子が見られます。自分の子供が試合に出ているのはうれしいことです。そうした子供の聖著も一緒に見られるのが陸上競技の良さでもあります。他にも、様々な種目があるので自分の向いている種目を探すことで活躍の幅も広がっていきます。これは苦手だけと、これだと活躍できる!そうした新しい発見もできるのが良いのかなと思います。

子どもにも陸上競技をやらせたい?

子どもが生まれたら陸上競技を進めるかもしれませんが、やりたいことをやらせたいですね(^-^)足が速くて陸上向きだなと思ったら陸上競技、ボール使いが上手ければサッカー、バスケ、野球、バレーボールとそのこの得意を活かせるスポーツをやってもらいたい気持ちはあります。吹奏楽部や美術部とかでも良いのですが、とりあえず様々なものに触れさせたいという思いがいあります。

陸上競技から学んだこと

陸上競技から学んだことは、時間管理や上下関係、チーム力です。時間管理に関しては、競技開始から逆算してウォーミングアップや着替えや食事をとるため、自然と時間の管理ができるようになります。陸上をやっていた人たちと過ごすと時間管理ができる人が多いので働きやすい感じもあります。上下関係に関しては先輩が厳しかったのdと、後輩より先輩が動くという方針だったので、後輩として先輩に気を配りながらン先輩として後輩の見本となるように努めるという働きは社会人になってからも活かせているのかなと思います。チーム力に関しては個人種目が多い陸上競技ですがチーム戦で総合得点を争うこともあります。チームのメンバー1人1人の勝敗がチームの得点につながる嬉しさや面白さを知っているので、そうした経験からチームの力というものを学びました。

さいごに・・・・

陸上競技で私は成長しました。ちゃんとした陸上部に所属していたのは運がよかったとしか言えませんが、先生方をはじめチームメイトや仲間にも本当に恵まれているなと思います。運動部の友人とは今でも10年以上の付き合いがありますが、いくつになってもみんなで集まると十代のあの頃にタイムスリップしたような状態になります。そうした青春を共に過ごした仲間や友人を今後も、これからも、本当に大切にしていきたいと思えた今日このころでした。

 

最近あえてない人にも連絡とってみますか(^-^)(笑)

今日も1日、怪我なく無理なく、有意義に☆