管理栄養士パプリカン

管理栄養士パプリカン 「栄養」食や健康・栄養学「グルメ」美味しいもの巡り「TV」ドラマや映画「Art」アートやデザイン

読者数180。増え続ける保育園はどうなるのか??

 

増え続ける保育園はどうなるのか?

f:id:kanrieiyousi:20191117211232p:plain

本を読んだりしたわけではないのですが、都内で急激に増えている保育園が、今後も増え続けるとどうなるのでしょうか?大手の保育園経営を手掛ける企業や法人では、現状維持というよりは日々保育園をあたらに作って保育士を採用しているという現実があります。今後も保育園が増え続けることで起こる問題について現状も踏まえてお話ししていきたいと思います。

増え続ける保育園でサービスの見直し

保育園が増え続けているため、保育園業界でも運営維持のために園児を確保しなくてはいけません。特に4,5歳に関しては幼稚園との競争もあるため園児数が少ないのが現状。4,5歳が一緒のクラスも多くあります。3歳であっても4歳であっても「新しい保育園の方が家から近いので来月から転園します」というお話もよく聞きます。こればかりは保育士の力量だけに頼ることができず、生活環境として家の近くの保育園を選ぶのは当たり前かもしれません。

宗教食も給食対応になっている

最近では、保育園サービスの向上に伴い、アレルギー食対応の他にも「宗教食」などに特化したサービスを展開しています。と言っても「牛や豚肉、その加工品の除去・代替え」に限りますが、これまではアレルギー対応のみだったものが宗教食にも対応するようになっておりサービスの多様化も保育園運営には大切になってきているようです。これまでは、お弁当対応だった子供も給食を食べられるようになる。そうしたサービスで保護者の負担を削減するというのも大切な取り組みになっています。

定員割れが多い

保育園が足りないと言われていますが、足りないのは0,1,2歳あたりの年齢の子供の場合が多く、3歳以上クラスは定員割れの状態にあることも多いいです。共働きのかたの多くは産休・育休あけの0,1,2歳ごろに保育園に預けたいと思い、3歳以上は幼稚園に通わせることもできますので選択の幅が広がります。そのため0,1,2歳は待機児童問題がある一方、3,4,5歳に関しては定員割れをしているのが現状です。みんなで一緒に卒園したい。という思いもある中「今年の卒園児は1人だね」といった歳もあります。私は幼稚園に通っていたので、卒園児は数百人くらいいましたが・・・保育園は卒園式があるようでないところも沢山あるのが現状です。

保育士の異動が多い

大体2年くらいのスパンで、保育士が入れ替わります。というのも家賃補助制度がある都内では2年を機に家賃の更新が始まります。十数万円払って残るか、今よりも良い保育園に転職するかというのは保育士には選び放題。新しい園の運営のために移動をする先生方も多く、保護者や子供にも人気の先生がいなくなるのは悲しいことです。そうした人事異動が多くなるのも保育園の特色だと感じます。

いつかはバブルがはじける?

バブルの時代には生きていませんが、今は保育士さん求人が盛んです。手当も良い気はしますが皆さん「給料が足りない」と言っています。沢山の保育園企業や法人ができている中で、生き残れるのは「給料が良くて」「福利厚生がよくて」「休みが多い」ところです。そんなところあるわけがないと思うかもしれませんが「あるんです」。保育士が辞めない環境を作ることも今後は大切なので、保育士のココロをつかむ魅力ある保育園であり続けてほしいと思います。子どものためにも、先生は親しみのある知っている先生が良いですよね。うん。卒園まで見ててあげてほしい。

さいごに・・・

保育園が沢山出来ていることで

①サービスの多様性

②人事異動の増加

③職場選択が増加

④定員割れ

⑤質的向上

が生じていますが、今後も子ども達を第一に運営や企画を行っていただきたいなと思います、そのためにはまずは運営を継続していくこと。理事の方々にお願いするとして、私も宗教色や様々な食環境に対応できるよう、勉強していきたいと思います。

よし頑張ろう。 

本日もありがとうございました。

 

www.kanrieiyousioutput.com